確実にハチを退治しよう|業者を比較して選ぶことも大切なポイント

  1. ホーム
  2. 害虫の侵入と対応

害虫の侵入と対応

アリ

屋内に侵入した場合の対処

蟻は通常地中に巣を作り、肉食なため昆虫を食べるなどして生息しています。また、蟻の種類によっては甘いものを好む特徴のあるものもいます。屋外に生息している場合にはさほど気に留めることも少ない存在ですが、家の中に侵入された場合にはそうはいきません。蟻は集団で行動する特徴があるため、屋内に入ってきた場合にはまとまった数が家の中を移動する状況となります。さらに問題となるのは見た目の不快感だけではなく、人間の食べ物にたかりダメにしてしまう事や、場合によっては人間が噛まれることもあるという事です。蟻が屋内にいることは明らかに実害があるため、駆除するという選択が妥当といえるでしょう。その為の駆除グッズも多数販売されています。

グッズの利用と忌避方法

蟻は人間の食べ物に群がります。そのため屋内で蟻が発生してしまった場合には、食べ物や生ごみを隠すといった工夫が必要です。隠したつもりでもクッキーの食べかすが落ちていてそこに蟻が発生したといった事態もあるため、注意が必要となります。駆除グッズではスプレータイプで吹きかけるものや、置いておくことで効果を発揮するものなど様々な種類のものが販売されています。グッズを利用される場合には、家族やペットへの影響なども考慮した上で選びましょう。また蟻の出入り口となっている場所を突き止め、そこを塞ぐといったことも大切です。蟻はその習性から同じ場所を歩くので、通り道となっている箇所を掃除してしまうことも駆除には効果的です。駆除グッズを使用しても効果が出なかったり、期間をおいてまた発生したりというときには、専門業者に駆除を依頼しましょう。専門業者なら徹底的に駆除してもらえるので、もう蟻の被害に悩まされることはありません。頻繁に発生する場合などは、業者に駆除してもらい、これ以上被害が出ないようにしましょう。